お金のデータ

ゆとりある老後を迎えるためには6000万円必要!?

お金のデータ
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

まさ
まさ

老後の生き方として、
キツキツな生活・ゆとりある生活どっちが良いですか?

私は絶対にゆとりある生活が良いです。コンビニバイトに奔放とか嫌です。笑

そんなゆとりある生活に必要な生活費を#金融リテラシークイズとして出題してみました。​

バラけてますが、正解は36万円です。でも年金をそんなに貰えるわけないんですよね。。足りない分は自分で備える必要があります

いくら必要になってくるのか、一緒に見てみましょう。

この記事でわかること
  • 老後の生活費がイメージできる
  • 年金収入金額がイメージできる
  • 老後までにいくら貯めるべきかわかる

ゆとりある老後の生活費は月36万円

老後にゆとりのある生活を送るためには、平均36万円かかります

生命保険文化センターが3年毎に調査している「生活保障に関する調査」が役立ちます。老後の生活費についての調査結果は2つの要素で構成されています。

老後の生活費
  • 最低限の生活費:22.1万円
  • ゆとりのための上乗せ額:+14.0万円(※)

ゆとりとは「旅行やレジャー」「身内とのつきあい」「趣味や教養」「日常生活費の充実」など

生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」より

最低限の生活だけなら22万ですが、生活にゆとりを持ちたければ36万必要と考える人が多いようです。

年収別では33.8万〜41.6万と異なる

当然ですが、年収によって生活水準は異なります。年収500万だった人と1,000万もらっていた人では違いますよね。

この調査でも、年収別にアンケート結果が用意してあります。

年収別最低生活費ゆとりのため
の上乗せ額
合計
300万円未満20.3万13.5万33.8万
300万円以上21.6万13.2万34.8万
500万円以上22.1万14.3万36.4万
700万円以上22.8万14.4万37.2万
1,000万円以上26.1万15.5万41.6万

年収によって、ゆとりのある生活に必要な金額には開きがありますね。

年金受給額の目安

老後の生活では年金に頼って生きることになります。厚生省の資料を見て年金受給額を確認しましょう。

2018年度の平均年金受給額
  • 自営業など:5.6万円
  • 会社員など:14.6万円

平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況より

これは1人あたりの平均値です。自営業の場合は国民年金のみを受給しますが、会社員は追加で厚生年金も貰えるため金額に差があります。

厚生年金は年収に依存して受取金額も増えますが、、年収別の受給データが無いんですよね。。勤務先の制度を調べればわかるので、ご自身で調べるべきです。

老後収入は22万円が目安

高齢夫婦無職世帯について、総務省で調べてみると収入の平均は22万円でした。

この数字は無職世帯が対象なので、年金ベースになります。「共働き」「専業主婦」「パワーカップル」など二人の年収によって変わってきます。

また、年金受給金額はざっくり2割強減ると試算されています。

2014年の年金財政検証では、厚生年金加入者の年金実質水準(対賃金上昇率の比較で)はマイナス20%、基礎年金はマイナス30%と見込まれている

金融ジェロントロジー 第2章より

22万円×80%=18万弱へと収入が減ってしまうかもしれませんね。。

人生100年時代は、老後への貯蓄が必須

人生100年時代と言われます。65歳から100歳までの35年間をゆとりを持って生きるためのお金を計算しましょう。

ここまでの数字の平均値をまとめると、、、

老後に関するお金
  • 最低生活費:22万円
  • ゆとりある生活費:36万円
  • 平均的な年金収入:22万円
  • 年金が2割減額した収入:17.6万円

(最低生活費22万円 − 平均的な年金収入22万円)=0円

今の年金水準が維持されて、最低限の生活を送るだけなら意外と実現できそうです。

「ゆとり」が欲しきゃ6,000万円が必要?

ざっくり(収入 – 支出)×12ヶ月×35年間で考えてみましょう。

#年金水準生活水準必要貯蓄額
1現状維持最低限0
2現状維持ゆとりあり5,880万
32割減額最低限1,848万
42割減額ゆとりあり7,728万

最低限の生活を送るだけなら、貯蓄は必要ないかもしれません。意外と日本は住みやすいかもしれませんね。

ただ、ゆとりのある生活には6,000万円弱が必要です。これが100歳まで生きなければもっと少なくて済むんですが、、結構必要ですね。また、年金受給額が2割削減される前提だともっと必要になります。 

「老後2000万円問題」との違い

老後2,000万円問題ってありましたね。あれとは前提が違います。

老後2000万円問題の計算根拠
  • ゆとりはなく、一般的な支出
  • 夫婦が100歳でなく、夫95歳・妻90歳

この記事で伝えたいことは「個人の状況によって必要な金額は違う」ということです。

年金制度が崩壊する懸念を持つ人は多いですが、実際に計算したことがある人はほぼいません。一度がっつり調べてみても良いかもしれませんね。


今回は老後の生活にフォーカスして色々と調べてみました。

老後の生活に関するお金
  • 最低限必要な生活費:22万円
  • ゆとりある生活費:36万円
  • 平均的な夫婦の世帯収入:22万円
  • ゆとりのある生活には6,000万円の貯蓄が必要?

老後2000万円問題とか比較にならない結果になりましたね〜。

6,000万円を65歳までに貯めるためには、しっかりした戦略が必要になります。少なくとも「投資なんてわかんな〜い」とか言ってる場合ではありません。

外出できない時間が多い状況を活用して、試算してみるといいですね。

まさ
まさ

私もお手伝いするために、
「投資」だけでなく「お金」にフォーカスして幅広い記事を提供していきます。

スポンサーリンク

私自身も投資をしていますが、難しい個別株ではなく簡単なインデックス投資で老後に備えています。

多くの人にオススメな「つみたてNISA」で将来いくらになるのか見てみましょう。

将来の支出を見える化する「キャッシュフロー表」の作り方をご紹介しておきます。


まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました