キャッシュフロー表で支出を見える化する3ステップ【20代の必須スキル】

お金を守る
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

大学生に求められる必須スキルに「キャッシュフロー表の作成」があるのをご存知ですか??​

年齢別に最低限必要な金融リテラシーを金融庁が公表しています。この中で「大学生は将来10年間のライフイベントとキャッシュフローを整理できるべき」と記載されてるんです。

でも、、社会人の友人ですら作ってる人にほとんど会えません(笑)

キャッシュフロー表を作れるようになると、何歳までにいくら貯めるべきかの指針ができるので、お金を貯める力が抜群に向上します。

実は私はアルペンスキーという年間70万かかる趣味があります。そのおかげで大学1年のときから年間予算を立てていました。笑

まさ
まさ

10年間のキャッシュフロー表作成経験を踏まえて
簡単に作成できる3つのステップご紹介します!

現金を見える化するキャッシュフロー表を作成する3ステップ

3つのステップで作成していきます。

まずは、大きな支出を伴うライフイベントを洗い出します。1,000円単位のものを考えると疲れてしまうので、1万円以上など大きな単位で考えるのがポイントです。

次に具体的な支出を調べます。今どきググれば何でもわかります。

最後に支出と収入を整理します。私はエクセルを愛用してます!

もう少し詳しく見ていきましょう!

ライフイベントを洗い出そう!

ライフプランを考えつつ、大きな支出を洗い出していきます。

人生なんて行き当たりばったり!も良いのですが、目指している将来を見える化することは重要です。

自分の目的に合わせて、2つの粒度で考えることをおすすめします

短期ライフプラン(3年以下)

学生のときは、スキーの70万円を捻出するために1年単位で考えていました。

大きな支出を伴うイベントだけ考えればよいはずです。例えば、大学院ではこんな感じでした。

  • 12月以降のスキー代
  • 11月までのサークル費用
  • 卒業旅行で海外スキーに行く費用

社会人になってからも毎年の昇給の時期に整理しています。

長期ライフプラン(10年以上)

社会人になってからは、使えるお金が一気に増加します。学生以上に計画的に支出を捉える必要が出てきます。

ただ、結婚や子供などタイミングが読めないイベントも増えてきます。それでもなんとなーくで良いので、将来の姿を描いておくことが必要でしょう。

また就活が近い大学生も検討すべきです。例えば、「都内で暮らしたい」のであれば非常に多くの収入が必要です。そのことを知らずに普通の賃金の業界に就職すると、思っていた生活ができない可能性が出てきます。

考えるべきライフプランはこのレベルで十分です。

  • 就職後は都内で1人暮らし
  • 3年目くらいで結婚
  • 30歳前に子供産んで、そのうちもう1人
  • 車も買って毎年家族スキーに行きたい
  • 都内に持ち家も欲しい

ライフイベントから金額を調べよう!

1年単位のライフイベントであれば、身近な金額なので自分でもすぐに予想できるはずです。

でも長期ライフプランの場合はあまりイメージできないですよね?そんなときはネットでググればすぐに分かります。

ぐぐってみると、普通に見えるこのプランには高いハードルが3つあります。

  • 都内で持ち家
  • 子供2人
  • 車の維持費

東京23区の戸建ての平均相場を見ると、最も安い足立区で4,000万円〜、港区は1.2億円〜と言われています。「治安を考えて良い場所に住みたい」などを考え始めると、持ち家には6,000万円はかかりそうですね。頭金は1割は必要なので、まず600万円貯める必要があります。(※1)

子育てにもかなりの金額がかかります。公立と私立でかかる教育費が大きく異なります。いずれも1,000万円〜2,500万円もかかってきます。2人育てると2,000〜5,000万円が必要です。(※2)

車も地味にお金がかかります。都内の駐車場代は高いし、税金もかかります。平均的には毎年80万強。10年ごとに300万ほどの車を買い換えるとすると、車を持つと30年で3,300万円必要になりそうですね。(※3)

大きな支出だけでも、子供が大きくなるまでに1.5億円は必要になりそうです。しっかり支払える収入を確保する必要がありそうです。

毎月の生活費も調査

大きな支出の他に毎月の生活費も調べておきましょう

家計簿をつけていれば、先月の生活費を参考にしましょう。

もしつけていなくても、、、2ヶ月前と1ヶ月前の銀行口座の金額を比較してもいいですし、「1人暮らし 生活費」でググっても良いです。

キャッシュフロー表で予算を立てよう!

大きな額の収入や支出を管理するのがキャッシュフロー表です。

1年単位のケースで考えてみます。

それ以上の期間で考える場合もベースは1年単位で考えるだけです。

エクセルでもGoogleDriveでも良いので表計算ソフトで作成できます。

エクセルへの書き方
  1. 毎月の収入を表に記載する
  2. 毎月の生活費も表に記載する
  3. 大きな支出がある月を整理して記載する

具体的なサンプルもご紹介しておきます。

長期キャッシュフローは、ネットでも簡単に作れる!

ここまでキャッシュフロー表の作り方をご紹介してきました。

ただ、、正直10年以上の長期プランを作るのはかなり大変です。。

色々なサイトがありますが、金融庁のライフプランシミュレーションが意外とうまくできています。12の質問に答えるだけで、ざっくり結果が見れてしまいます。活用してみてもいいと思います。

ライフプランシミュレーション : 金融庁
NISA(少額投資非課税制度)のしくみや投資について基本から解説します。資産運用は計画性がとても大切です。将来を見据えて、長い目で見たマネープランを立てましょう。

いかがでしたか?

キャッシュフロー表を作成する3つのステップ
  • 大きな支出のライフイベントを洗い出す
  • 具体的な支出額を調べる
  • 支出と収入をエクセルに整理する

「キャッシュフロー表なんて作ったことないよ」という方も多いかと思います。

でも将来の支出を見える化しておくと、浪費癖も改善されます

金融リテラシーとして必須なキャッシュフロー表を一度作ってみましょう!

生活費を調べるためには家計簿をつけるのが一番です。めんどくさくても作るべき理由をご紹介しています。

そもそも金融リテラシーとは何なのか?金融庁の難しい資料を噛み砕いてみます!


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

以下は今回参考にさせていただいたサイト様です。

※1:都内の戸建て平均相場(HowMaマガジン調べ https://magazine.how-ma.com/market-value/market-conditions/post-5921

※2:子育てにかかる費用(lify調べ https://lify.jp/insurance/life/child/article-0003/

※3:車の維持費(bluexlab https://bluexlab.tokyo/193

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました