お金のデータ

【悲しい真実】経済格差は30代から始まります

お金のデータ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

みなさん隣の同僚がいくらの資産を持っているかご存知ですか?

2人以上世帯の20代資産額をクイズに出してみました。​

20万〜170万と少なめの金額ですが、回答が良い感じにバラけていますね。

実は70万円が正解です。金融庁の調査結果から来ていますが、もう少し詳しく分析すると悲しいことがわかりました

今回は経済格差が始まる時期について考えてみましょう。

この記事でわかること
  • 若者の貯金額の傾向がわかる
  • 経済格差が始まる時期がわかる
  • 経済格差で負けないための戦略がわかる

結婚してる世帯の貯金額

令和元年に、金融庁が2人以上世帯の金融資産保有額を調査しました。

screenshot 2020-07-25 13.48.55

20代では、71万円以下の資産額な人が半数でした。30代になると少し改善し、240万円になります。 

結婚式や新婚旅行、出産といった出費があるので、新婚の頃は貯蓄が厳しいです。なので、落ち着いてきた30代から少しずつ資産を増やせている人が多いのは嬉しいですね。

でも、もっと細かくみると違和感があります。少しまとめてみますね。

  • 金融資産がない世帯:20代は23%、30代は16%
  • 100万円未満:20代は27%、30代は10%
  • 500万円未満:20代は31%、30代は34%
  • 1000万円未満:20代は10%、30代は19%
  • 1000万円以上:20代はなし、30代は13%

太字にしましたが、金融資産が無い人と1000万以上ある人が不思議な結果になっています。

30代でも6世帯に1世帯は貯金がない

20代の頃は新婚で出費がかさむのはわかります。ついつい使いすぎちゃいますよね。

でも30代は違うはずです。

子供に恵まれようが恵まれまいが、将来設計を真剣に考えるべき年代です。ここで貯金ができていないのはヤバそうですね。。

30代から一気に経済格差が進む

上位層の差が一気に出てくるのも気になります。

20代では1000万円以上の資産を確保している世帯は0%のようです。(ホントかな?と思いますが、国の調査なので…)

30代になると一気に10%以上も出現します。しかも3000万以上持ってる世帯が2.1%いるんです。若いうちから体力のある家計が作れないと、ここで大きな差がついてしまうことを象徴しています

日本人は20%しか資産運用をしていないという調査結果(*)があります。1000万以上の世帯が13%いるのは、ここにも関係がある気がします。

参考:日本証券業協会 証券投資に関する全国調査

経済格差に負けないために

経済格差がどうやって生まれるのかは、2013年にトマ・ピケティという学者が『21世紀の資本』という調査結果を発表しています。

その中で、経済格差が発生する仕組みを数式で表現しています。

まさ
まさ

闇雲に働くだけでは
資産運用してる人との差は
どんどん開いていくそうです。

個人が資産運用をすべきという主張ではありません。ただ、個人的には、資産運用に対してノーガードで生きるのは少し違うかな、と考えています。

現実を見据えた上で、しっかりと資産形成を行っていくことが重要です。

スポンサーリンク

解説本である『まんがでわかるピケティの21世紀の資本』がわかりやすかったので、チラミしておくと良いかもしれませんね。

独身の方の貯金額を取り扱ったことがありますが、、中央値5万円は衝撃でした。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました