投資の実践

つみたてNISAは20年後にいくらになるの?【1,400万の資産を築く方法】

投資の実践
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

つみたてNISAは国が悪質な商品を除いているので、初めての投資に最適です。

20年間、40万ずつ投資を積み重ねていくと、800万円になります。最終的にいくらになるのか気になりませんか?

タイトルにもあるように1,400万円以上に増やすのは現実的な目標です。

実際に計算してみましょう。

この記事でわかること
  • つみたてNISAの4つの特徴が分かる
  • 20年後にいくらになるか分かる
  • 代表的なインデックスのリターンが分かる

つみたてNISAは20年間は非課税

つみたてNISAは大きく4つの特徴があります。

つみたてNISAの4つの特徴
  • 20年間は非課税で運用可能
  • 毎年40万円まで買付可能
  • 国が厳選した商品しか買えない
  • つみたて買付しかできない

中でも、20年間は非課税で運用できる点が大きな特徴です。

本来は20.315%の税金がかかりますが、投資信託から得られる配当金や譲渡益が非課税になります。

本来は10万円の利益が出ても、2万円の税金が取られます。これが無料になるんです!

この記事ではNISAと比較しつつ、もっと詳しく解説しています。

20年後には1,400万以上になりそう

ではつみたてNISAで運用すると、将来いくらになるのでしょうか?

Twitterでクイズを出してみると、皆さんいろんな考えを持ってるようです。​

…大チョンボしました。。1番大事な「利回り」が書いてない。申し訳ございません(^o^;)

気を取り直して、それぞれの金額まで増やせる利回りを考えてみました。笑

金融庁の「資産運用シミュレーション」を使って計算してみました。

利回り投資金額運用結果利益
2%8,000,000円9,826,463円+1,826,463円
4%8,000,000円12,225,699円+4,225,699円
5.4%8,000,000円14,352,108円+6,352,108円
6.4%8,000,000円16,152,510円+8,152,510円

20年間コツコツと運用を続ければ、1,400万円の資産を築けます

利回り5%とか6%は難しそう…

まさ
まさ

つみたてNISAで購入される
パッシブファンドは意外といけますよ!

代表的な指数の平均リターン

つみたてNISAはインデックスファンドでの運用が前提になるため、代表的な指数をまとめます。

カテゴリインデックス20年
リターン
代表的な投資信託
日本株TOPIX+1.7%eMAXIS Slim 国内株式
全世界株MSCI All Contry+5.4%eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
全世界株
(日本除く)
MSCI KOKUSAI+5.8%eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
アメリカ株S&P500+6.4%eMAXIS Slim 米国株式

世界に目を向ければ5%以上の運用も充分可能ですね。

つみたてNISAを利用しない場合の金額

つみたてNISAが持つ非課税メリットの効果も計算してみましょう。

利回り特定口座つみたてNISA差額
2%9,415,763円9,826,463円410,700円
4%11,144,726円12,225,699円1,080,973円
5.4%12,579,826円14,352,108円1,772,282円
6.4%13,737,081円16,152,510円2,415,429円

利益に対して課税されるため、利回りが大きくなるほど差額が大きくなります。

全世界株への投資をしたとしても、200万近くは税金として取られます。まずはつみたてNISAを利用することが重要ですね!

20年後にどうすればいいのか?

つみたてNISAで運用していた商品は、20年の非課税期間が終わると通常の証券口座へ移動されます。(移管)

移管後は20.315%の課税されていきます。満期にやることは2つあります。

つみたてNISAの満期でどうするか?
  • 現金が必要なら、売却する
  • 運用を続ける

まぁ現金が必要になったのであれば売却すればいいですし、まだ必要なければそのまま持ち続けましょう

ふつうのコトを言ってますね。笑

保険のように満期解約されることは無いので、特に構える必要はないです。


いかがでしたか?

つみたてNISAはどう扱うべきか
  • つみたてNISAは20年間非課税
  • 海外株式で運用すれば1,400万円以上に増やすのは難しくない
  • 20年後にどうすべきかは構えなくて良い
  • 普通の口座だと、200万近く税金として取られる

つみたてNISAは非常にメリットが大きい制度となります。

早く始めることが重要なので、まだ口座を開いてない方は作ってみましょう。

スポンサーリンク

全世界の株に投資するための指標について解説しています。

第11回金融リテラシークイズは、「20代の資産金額はいくら?」という問題でした。

第10回金融リテラシークイズは、サンクコストと損切りについての問題でした。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました