投資の基本

元本割れを気にせず投資を始められる方法4選

投資の基本
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

友人
友人

投資で損したくないから始めたくない

という意見をよく聞きます。。私自身も昔はそう思っていました。

でも社会はよくできているので「必ず儲かります」なんて詐欺しかアリマセン。リスクを取らないとリターンが得られないのです。

損したくない人の気持ちを深堀りすると「汗水垂らして稼いだお金を減らしたくない」が本質ではないでしょうか。それなら、節約で浮いたお金で投資をすれば良いんです。言葉遊びではありますが、メンタル的には有効な方法です。

実際、私自身も節約で浮いたお金を投資に回しています

今回は投資元本を増やすために実施している節約方法を5つご紹介します。

この記事で分かること
  • 4つの節約方法(通信費、保険代、電気代、食費)が分かる
  • ポイントを活用する投資方法も分かる

「節約したお金を元本」にすれば損しない(かも)

投資は損するかもしれないし、得するかもしれません。そういうものです。

でも、「汗水たらして稼いだお金」ではなく「ちょっとした工夫で生まれたお金」を投資に回せば、損したとしても気楽じゃないですか?

もちろんこれは「言葉遊び」です。お金に色はアリマセン。

ただし、節約したお金なら損したときにメンタルを守れるはずです。定期的に訪れる大暴落時に、「節約しただけだし」と思えるなら儲けもんです。

私がやっていることがいくつかあるのでご紹介していきます。

まさが実施してる元本確保の方法
  1. スマホ代の見直し(6,000円/月)
  2. 保険代の見直し(4,000円/月)
  3. 電気代の見直し(1,200円/月)
  4. 食費の見直し(?円)
  5. ポイント投資(1万円/月)

通信費用を見直して、6,000円を投資に回す

一番大きな効果があるのはスマホ代の見直しです。

  • KDDI時代:7,500円
  • LINEモバイル:1,500円

私の通勤時にスマホをいじる目的は、SNSやブログ執筆、Kindleがメインです。通信容量は少しで済みます

大手キャリアにお布施をしてもいいですが、投資に回したい思いのほうが強いのでLINEモバイルを利用しています。動画もゲームもしないので、不自由なくスマホを使えてます。

毎月6000円も投資に回せるのはかなり大きなメリットです。

LINEモバイル

福利厚生を理解して、4,000円を投資に回す

人生で大きな買い物の1つに「保険」があります。下手すると、数百万のお買い物なので慎重になるべきです。

  • 医療保険:4,000円
  • 入らない:0円

私の本業は証券SEですが、幸運なことに福利厚生が充実しています。

国の制度の1つに、「毎月の医療費は8万以上は支払い不要」という高額療養費制度があります。

私の勤務先では、この制度よりも充実していて「毎月2.5万円以上は補助が出る」福利厚生があります。2.5万円くらいは貯金でまかなえるので、医療保険には入る必要が無いんです。

企業によって福利厚生は様々です。会社員の大きなメリットなので、一度真剣に福利厚生を調べてみるべきです。

東京電気とお別れして、1,400円を投資に回す

固定費の見直しは鉄板ですが、電気代の見直しはやってる方が少ない印象です。

  • 東京電力の30A:32,000円/年
  • スマ電の30A:15,000円/年

電力自由化によって、大手電力会社以外でも契約できるようになりました。

電力会社を変更すると、ほぼ間違いなく電気代が安くなります。特に、新規契約時にはキャンペーンで1万円くらいもらえることもあります。私はタイミングもよかったので、キャンペーン込みで17,000円も費用が安くなりました

エネチェンジで比較して決めましたが、キャンペーンによって節約額は変わってきます。

夜ご飯を自炊して、N円を投資に回す

私はカレーが異常に大好きです。笑

毎日の夜ご飯は作りおきのカレーを食べてるので、当然、外食するよりコストは低いです。ただ、ここは趣味の範疇なので、完全な自炊は目指す必要はないです。

少しずつ節約するとすれば、ミニ活動もありです。

  • 毎日コーヒーを買うなら、タンブラーで持参
  • 夜ご飯は、白米だけ家で炊く
  • 朝ごはんをそもそも食べない

最近、朝ごはんを食べるのをやめたんですが、特に不調なく過ごせてます。これも人によりますね。

食費を無理に節約すると、健康とメンタルを害するので、楽しめる範囲でやるべきでしょう。

番外編:ポイントも投資に回す!

Tポイントや楽天ポイントを貯めてる方は、投資に回すのがおすすめです。

ポイント投資ができる証券会社
  • Tポイント:SBI証券
  • 楽天ポイント:楽天証券

「汗水たらして稼いだ現金」ではないので、元本割れしてもあまり気にならないはずです。

私はどちらのポイントも放置しておいて、定期的に購入元本に回しています。


いかがでしたか?

節約で得たお金で投資する方法
  • 「労働収入」ではなく「節約成果」を元本に投資しよう
  • 金育SEは、通信費・保険代・電気代・食費を節約してる
  • Tポイントと楽天ポイントがあれば、投資信託を買える

投資で損をしたくない人が、損した気分にならないための方法を考えてみました。笑

汗水たらして稼いだお金が減ってしまうのは、私も辛いです。ただ、簡単な節約で浮いたお金であれば、そのメンタルダメージも若干は和らぎます。

節約する余地がまだまだあると感じた人は、どれか1つでも良いので始めてみましょう。

節約で得たお金を積立投資にまわすだけで、立派な投資家になれますよ。

スポンサーリンク

節約でお金を確保したら、実際に投資を始めてみませんか?初心者向けに4つのステップを整理しています。

「格安SIMを使いたくない方」安心してください。見直さないで良い人の3つの条件を整理してます。

家計簿こそ無駄な費用の見直しに効果的ですが、まずはもっと簡単な方法で把握しても良いと思います。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました