投資すべき金融商品を見分ける3つの特性【安全性・収益性・流動性】

お金を知る
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

コロナだけではなく、オイルショックの懸念もあって相場環境は非常に不安定です。

未経験者
未経験者

投資を始めたいけど、
何買うのが正解なの…?

そんな悩みも当然ですね。自分にあった金融商品を選ぶことが大事で、金融庁も指針を出しています。金融リテラシークイズでは「投資すべき商品を選ぶ3つの観点」について出題しました。​

​正解は「安全性・流動性・収益性」でした。簡単すぎましたかね?笑

この3つの特性をどう使いこなせばよいのか?かなり初歩的な内容ですが、分析してみましょう。

この記事で分かること
  • 金融商品が持つ3つの特性が分かる
  • 比較する方法がわかる

投資すべき商品を見分ける3つの特性

金融庁は最低限身につけて欲しい金融リテラシーを金融リテラシーマップという資料にまとめています。この中で、金融商品を選ぶ際は安全性・収益性・流動性の3つの視点で評価すべきと述べられています。

そもそも、金融商品とは、金融機関が扱うモノ全般です。株式や債券、投資信託だけではなく、保険や預金も含みます

預金と株式は全く違うのですが、「何が違うのか」を評価するためのツールを3つご紹介していきます。

1.安全性

「安全性」とは、資金が目減りしたり、期待していた利益が得られなくなる危険がないか、という点に着目した基準を指します。「投資はリスクがある」とよく言われますが、この金融分野でのリスク(※)も安全性の指標です。

安全性が高い商品は「普通預金」や「定期預金」が代表的です。

※金融分野でのリスクは「リターンのブレ幅」を指します。詳細はこちらの記事で。

2.収益性

「収益性」とは、利益の出やすさを指します。一般的には、投資は利益を出すための手段なので、最も着目されがちなポイントです。リターンとも呼びます。

収益性の高い商品は「株式」や「REIT」が代表的です。

3.流動性

「流動性」とは、現金への換えやすさを指します。金融商品によっては、一定期間自由に引き出せないものや、売却しても現金の受け取りまでに数日かかるものがあります。ボラティリティとも呼びます。

流動性が高い商品は「普通預金」や「投資信託」が代表的です。

すべてを満たす商品は存在しない

安全性・収益性・流動性の3つの視点全てを満たせる金融商品に投資できれば完璧なんですが、そんなの無いです。。

代表的なカテゴリでもこんなに違います。

金融商品安全性 (リスク)収益性 (リターン)流動性
預金高いゼロ高い
保険やや高い低い低い
債券やや高いやや低い中程度
株式低い高い中程度
FX 仮想通貨ゼロとても高い中程度

3つの関係性があります。

特性同士の関係性
  • 安全性と収益性は、両立できない
  • 安全性と流動性は、両立できる
  • 収益性と流動性の両立は難しい

「ローリスク・ハイリターン」な商品は存在しないのは、誰でも知ってますよね?「安全なのにバク儲け」な商品は詐欺なので騙されないでください。

流動性が高いとは「自分と近い距離にお金がある」ということです。言い換えると、自分の近くにあるお金は、元本割れもしにくいです。銀行預金はまさに安全性も流動性も高い商品です。

一方で、お金を出稼ぎに出せば収益性も出しやすいです。ただし、当然お金が遠くなればなるほど、現金化するまでの時間も長くなります。

あなたが重視したいのはどれ?

あなたがお金を必要とする目的や期間と照らし合わせて、3つの特性から金融商品を選びましょう。

具体例を上げて考えてみます。

オリンピック後に家を買いたい

私の周りには結構います。家買いたい人。

延期の話も出ているオリンピック。仮に、2年後に家を買うとすると、頭金としては絶対に減らせないため、収益性よりも安全性を重視すべきでしょう。

間違っても、米国株式でドカンと一発増やすとかはダメですね。笑

老後資金の備えにしたい

2,000万円問題が騒がれたので、老後のお金に対する感度が高い方は多いです。

老後の蓄えにする場合は、安全性や流動性よりも収益性を優先できます。投資の期間を長くすることができれば、時間分散の効果によって元本割れの確率は下げることができます。


いかがでしたか?

金融商品を比較する3つの特性
  • 「安全性」は元本割れしやすさ
  • 「収益性」は利益のでやすさ
  • 「流動性」は現金化しやすさ
  • すべてを満たす商品は存在しないため、「目的と期間」に合わせて金融商品を選択する

これからの時代では、金融商品を活用してお金を増やすのは必須の考え方です。

ただし、よくわからないものに投資をしてしまうと、後で後悔することになります。

ご紹介した3つの観点をしっかり理解して、投資すべき商品がナニかを見極めていきましょう。

スポンサーリンク

第15回金融リテラシークイズは「リスクとは元本割れの確率?」という問題でした。

第14回金融リテラシークイズは「1億円を貯めるための投資金額」を出題しました。

第13回金融リテラシークイズは「毎月分配型の投資信託」について出題しました。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました