投資の基本

損失金額をイメージしよう【インデックス投資のリスク】

投資の基本
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

記念すべき15回目の金融リテラシークイズは「リスクとリターン」についての出題。コロナショック真っ最中で関心も集まり、過去最高の800人超の方にご参加いただきました!!

正解は「2/3くらいの確率で変動する利益幅」でした。

一般的にリスクと言うと「元本割れする確率」を指すと勘違いしがちですが、投資の世界では意味が若干異なります。

リスクを正しく理解すると、大まかな損失金額をイメージするために役立ちます。リスクとリターンを使いこなして、インデックス投資で想定される損失を知っておきましょう。

この記事でわかること
  • 投資での「リスク」の確率がわかる
  • 損失金額の目安がイメージできるようになる
  • 株式投資は〇〇%も下がる可能性がある!

リターンは年利回り、リスクはブレ幅

投資におけるリターンは「期待される1年あたりの利回り」です。

一方で、「リスク」は普段使うものとは意味が異なります。

日常のリスク

ネガティブなことが発生する確率

投資のリスク

リターンのブレ幅。プラス方向への変動も含む。標準偏差。

リスクもリターンも統計学に基づいて算出されます。詳細は省きますが、1年間のリターンは正規分布に収束する前提で算出します。

「プラスのリスク」は一般的な感覚と異なるので、具体例で考えてみましょう。

株式より債券の方がリスクが小さい

yahooファイナンスから、株式と債券の1年チャートを持ってきました。

2020/3/6までの1年間のデータを元に作成

値動きが激しいのが株式緩やかなのが債券です。

リスクの値も日本債券の方が圧倒的に小さいですね。低リスク低リターンな商品といわれる所以です

まさ
まさ

コロナショック直後なのでリターンは、悲惨ですね…

日本株式はリスクが高いため、マイナスになるのも仕方ないですね。

損失金額をイメージするための使い方

リスクがブレ幅であることがわかったところで、ツールとしての使い方を考えましょう。

リスクは標準偏差やシグマ(σ)と呼びますが、約68%の確率でこのブレ幅の中に収まります

to-kei.netから引用

1年後の資産金額はこんな計算式で算出できます。

1年後の資産算出方法

資産金額(68%)=リターン±リスク

資産金額(95%)=リターン±リスク×2

この性質を利用すると、投資の損失金額を大まかにイメージできるんです。

eMAXIS Slim 全世界株式で考えてみる

有名な投資信託である、eMAXIS Slim 全世界株式が連動するインデックスを利用して考えてみます。

100万円は、1年後には約105.4万円になりそうです。

ただし、ブレ幅があります。最終的な資産が70万円から140万円の間に収まる確率が約95%です。

まさ
まさ

がっつり減る可能性もあるのはしってましたか?

今回のコロナショックが残りの5%の大暴落なら、70万円より下がるかもしれませんね。

インデックス投資で利用する金融資産のリスクとリターン

インデックス投資でよく買われる金融資産のリターンとリスクを見てみましょう。myIndexでしっかりとまとまっています。

ついでに、65%/95%の割合で1年後にいくらになるのかの変動率も計算してみました。

資産
クラス
リターンリスク65%変動率
(%)
95%変動率
(%)
現金0.1%0.0%00
日本株1.6%17.3%-16〜19-33〜36
先進国株5.9%18.6%-13〜25-31〜43
全世界株5.4%18.3%-13〜24-31〜42
S&P5006.5%18.0%-12〜25-30〜43
日本債券1.9%1.9%0〜4-2〜6
先進国債券5.4%9.4%-4〜15-13〜24

この表を見ると、どの国の株だろうが、1年後には30%下落する可能性があることがわかります。生活するのに必要なお金で投資をしてしまうと、何かあったときに対応できません。

投資は必ず余裕資金で行う必要がある理由はコレです。

必ず、キャッシュを確保した上で投資していきましょう。

リスクとリターンの注意点

いくつかの注意点があります。

リスクとリターンの注意点
  • リスクとリターンはあくまで過去の数字
  • 数字は毎年更新される
  • 日常のリスクと投資のリスクは意味が異なる

これらの数字は過去の実績から算出されています。来年以降も同じ結果になるかどうかはわかりません

最近はアメリカ株が大流行ですが、10年前までは新興国株の方がリターンが良かったです。1年や5年といった短期間で考えるよりも、20年などの長期間の数字を参考にすべきでしょう。

最後に、私のブログも含めて「リスク」を常に「ブレ幅」と捉えている人は少ないです。文脈に合わせてどちらの意味なのかを読み取ってください


いかがでしたか?

リスクとはナニカ
  • 投資のリスクが小さいは、ブレ幅が小さいことを示す
  • 68%くらいの確率で「リターン±リスク」の範囲に収まる
  • 株式投資は30%下落する可能性が十分にある
  • 株を買うなら余裕資金で!

投資のリターンが何%なのかはよく注目されます。ただ、リスクについてしっかりと理解できている方は少ないですね。米国株投資が5%以上の平均リターンが得られるだけでなく、結果のブレがあることは知っておきましょう

特に、株式投資をすると、1年後に30%下落する可能性があることは理解すべきです。

現金が全く無い状況だと困ってしまいます。自分が抱えているリスクを認識した上で、必要な現金を確保しておいてください。

スポンサーリンク

第14回金融リテラシークイズは「1億円を貯めるための投資金額」を出題しました。

第13回金融リテラシークイズは「毎月分配型の投資信託」について出題しました。

第12回金融リテラシークイズは「つみたてNISAの20年後の評価額」について出題しました。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました