投資の実践

7/31更新!【裏側解説2】LINE証券タイムセールのルール変更と利益を解説します

投資の実践
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

ななななんと!

2019年12月に大盛況に終わった、LINE証券の株のタイムセールが再開されました!!

前回の記事 では「株のタイムセールが開催できる裏側の仕組み」を解説しました。

今回は相場状況が異なるのでキャンペーン内容も大きく変更されています

解説記事が世に出回っていないので、証券SEの立場から仕組みを解説していきます。

この記事でわかること
  • ルール変更になった理由が分かる
  • 2回目にも利益が出るのか分かる

タイムセールの目的は「成功体験を積ませる」こと

株のタイムセールは多大な広告費がかかっています。大金を払ってタイムセールするのには2つの目的があります。

LINE証券タイムセールの目的
  1. バズらせて新規口座を増やしたい
  2. 株取引で成功体験を与えたい(利益を出してほしい)

証券会社の利益は「口座数×1人あたり手数料」がメインです。

まずは、「新規口座数」を増やすためことで利益を確保する狙いがあります。特に、新興証券会社なので、目立ったことをするにはピッタリのキャンペーンですね。

ただし、死に口座ばかりが増えても仕方ありません。特に、取引経験の無い若者はそのまま放置する可能性も高いです。口座にお金を入金させ、1回目の取引を成功させることが「1人当たり手数料」の増加**に繋がります。

つまり、口座を開かせて利益も出してもらうことが1番の目的なんです!!

1回目とルールの違いは?

前回のキャンペーンとの違いをまとめてみました。

ルール2019/122020/2
割引率*3/5/7%(抽選)3/5/7%(抽選)
開催日*毎週火・木曜ランダム
銘柄発表時刻15時15時
申込時刻17時〜19時17時〜19時
売却可能時刻翌朝9時翌朝9時
株数制限*10株5株
取引コスト購入時のみ無料購入時のみ無料

このキャンペーンには3つの大きな特徴があります。「7%割引・火木開催・10株制限」は前回の記事で詳しくまとめています

2つのルール変更はこのあと解説していきます

スポンサーリンク

開催日がランダムになった

火曜と木曜の固定開催から、「いきなりタイムセール」というランダム開催へ変更になりました。

まさ
まさ

コロナウイルスの大暴落が原因です。

東証1部全体が急激に暴落している

明日の相場が全く読めない状況で、定期開催すると、成功体験を積んでほしいお客様にも損をさせることになります。

相場変動が読めそうなタイミングと銘柄に絞ってキャンペーンを行えば、リスクを低減できるかもしれません

「いきなりタイムセール」という楽しげなフレーズですが、顧客もLINE証券も損しないために曜日を固定しない戦略でしょう。

5株しか買えなくなった

こちらはいくつかの理由が考えられます。

  • 多くの人に参加してもらうため
  • 参加者の投資金額を抑制して、損失リスクを低減するため
  • LINE証券の調達株数を減らすため

最大の理由は「調達株数を減らすため」です。

LINE証券の裏側はクロス取引という相対取引が前提となっています。

クロス取引とは
  • 取引所を介さないことが特徴
  • 「LINE証券と参加者」が個人的に取引したと東証に報告する方法
  • 個人投資家が優待狙いで行う「クロス取引」とは別物
  • 参加者に売るために、現物の株式を調達する必要がある

キャンペーン当日に、LINE証券は株式を調達する必要があります。

この株数が多いほどLINE証券が損するリスクが高まります

コロナ相場でのリスクを少しでも下げるために、株数を減らさざるを得なかったのです。

ちなみに20%オフは絶対にアリエナイ

最近はバーコード決済で20%オフが流行っています。

まさ
まさ

株の世界で20%オフはアリエマセン。笑

東証の制度として7%が上限として決まっているんです。

ToSTNeTの単一銘柄取引
立会市場の直近値から上下7%以内の価格で相手方を指定した取引ができます。

東京証券取引所HP
スポンサーリンク

実際に儲かるのか計算しよう!

では、実際にいくら儲かったのか計算してみましょう。

LINE証券は手数料ゼロといいつつ取引コストを取られています。いくつか前提を置いて計算してみました。

計算の前提はこちらです
  • 7%OFFで買う
  • 翌日の9時ぴったりに売る
  • 売るときのスプレッドコストは日中0.05%(夜間なら0.5%)
  • 利益は20.315%の源泉徴収後

ゲリラ1回目(2020/2/27木)

初回に株を買った場合に得したのか?損したのか?みてみましょう。

銘柄前日終値買値(7%off)翌日始値前日比7%利益3%利益
セブン&アイHD3,7233,462.43,659-1.7%973.945.8
オリエンタルランド12,18511,332.111,630-4.6%1,460.4-195.3
デンソー4,3024,000.14,230-1.7%1,138.954.9
東京エレクトロン23,63021,975.922,925.0-3.0%4,688.2-7.6
ソフトバンクグループ5,2394,872.35,020-4.2%726-64.4

この日は酷かったです。。直前のNYダウが-4.4%の大幅ダウン。

7%が当選すれば利益は出ましたが、3%当選の方は3/5銘柄で赤字になってしまいました。。

コロナ相場では3%程度では参戦しない方が良い気がします。少なくとも、前日20:30に先物を見ることは必須でしょう。

ゲリラ2回目(2020/3/4水)

銘柄 前日終値 買値(7%off) 翌日始値 前日比 7%利益 3%利益
帝人 1,875 1,743.8 1,882 0.4% 547 248
ユニ・チャーム 3,375 3,138.8 3,499 3.7% 1,428 890
神戸物産 4,280 3,980.4 4,345 1.5% 1,444 762
ワークマン 7,160 6,658.8 7,350 2.7% 2,739 1,598
富士通 11,285 10,495.2 11,445 1.4% 3,761 1,963

コロナショック中でしたが、たまたま日経全体も1.4%上昇。

3%当選でも利益が出た幸運な日でした!

全銘柄の7%平均利益は1983円。次回は、、しばらくやらないでしょうね。

ゲリラ3回目(2020/3/27木)

銘柄 前日終値 買値(7%off) 翌日始値 前日比 7%利益 3%利益
日立製作所 3,132 2,912.8 3,272 4.5% 1,425 925
日本電産 11,305 10,513.7 11,750 3.9% 4,902 3,101
NEC 3,790 3,524.7 3,960 4.5% 1,726 1,122
アドバンテスト 4,305 4,003.7 4,490 4.3% 1,929 1,243
トヨタ自動車 6,718 6,247.8 6,980 3.9% 2,903 1,833

コロナショックは続いていますが、若干の反発があった直後に開催されました。

TOPIXも前日比1.6%だったため、3%当選でも利益が出ています!日本電産を7%OFFで購入できた人は、5000円近くの利益が出たすごい日でした。

ちなみにこの時期はこんな相場でした。

Yahooファイナンスを参照

ゲリラ4回目(2020/4/16木)

今回から、3%, 5%, 7%のそれぞれで利益が出たのかを計算します!

銘柄 前日終値 翌日始値 前日比 7%利益 5%利益 3%利益
信越化学工業 11,235 11,655 3.7% ¥4,778 ¥3,861 ¥2,985
ソニー 6,700 6,850 2.2% ¥2,417 ¥1,899 ¥1,381
東京海上HD 5,051 5,050 -0.0% ¥1,384 ¥986 ¥588
アサヒグループHD 3,498 3,561 1.8% ¥1,192 ¥913 ¥634
リクルートHD 2,764 2,861 3.5% ¥1,114 ¥915 ¥676

今回もすべてのパターンで利益が出てますね!良かった!


いかがでしたか?

前回の記事の注目度が非常に高かったので、今回も裏側を解説してみました。

不定期に開催されるそうなので、引き続きアップデートしていきます。

ブックマークいただけると嬉しいです。

興味がある方はぜひ口座開設してみましょう!

LINE証券

株のタイムセール自体は日本初の試みでした。なんでそんな事ができるのか?裏側の仕組みを解説しています。

今回のようなコアな内容は時事ネタに絡めて解説しています。SORも面白いネタでした。

ツイッター上では金融リテラシークイズを毎週出題しています。このときは「つみたてNISAは20年後にいくらになる?」という問題でした。


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

スポンサーリンク
金育SEをフォローする
金育SE:証券SEが伝えるお金の育て方と金融教育

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました