令和時代の「金融リテラシー」を考える【東京証券取引所セミナー感想:後編】

お金と離れる
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

先日、東証で行われた特別講演『令和時代の「金融リテラシー」を考える』に参加してきました。

前半は日銀の雨宮副総裁のお話でした。日本の金融リテラシーの実態についてのお話でした。

後半はコモンズ投信の渋澤会長のお話でした。2024年から1万円札になる渋沢栄一の玄孫(4世代下!)の方です。お札に決まってからメディア露出が増えたので、あまり期待はしていなかったのですが、、

いい意味で裏切られました!

めちゃくちゃおもしろかったのでまとめておきます。

この記事でわかること
  • 資産形成はありたい姿からのBack-castで考えるべき
  • 長い時間軸を持った資産形成でないと失敗する
  • 人生100年時代は60歳からでも資産形成を考えないといけない時代

第二部は『論語と算盤』がテーマ

講師はコモンズ投信の渋澤氏です。

経歴
  • 1961年生まれ
  • 外資系金融機関や米大手ヘッジファンドの日本代表を務め、2001年に独立。
  • 2008年にコモンズ投信を設立し、会長に着任。

2024年に1万円札になる渋沢栄一の著書『論語と算盤』を題材に、3つのテーマの話がありました。

金融リテラシーの根底になる話が多かったですね。

渋沢栄一はタンスが嫌い

日本では「タンス預金」は40兆円から50兆円あるそうです。縦に積むと宇宙に届くくらいの高さになるそう。

タンス預金は経済活動にまったく寄与しません。

逆に言うと、経済活動を刺激できる「資源」が大量にあるのも日本の特徴です。

仮に2%でも流通され始めると、野村證券以上の会社を興すこともできます。

「渋沢栄一(1万円札)をタンスに閉じ込めないでくれ」というユーモアのある表現で伝えていました。笑

「と」のチカラ

そもそも『論語と算盤』はこんな考え方です。

社会のためになる道徳に基づかなければ、本当の経済活動は長く続くものではない

「論語算盤」という白黒はっきりという考え方だと、ビジネスもうまく回らないという話でした。

現代の言葉に置き換えると、

  • 論語:サステナビリティ(持続可能性)
  • 算盤:インクルージョン(包摂性)

2つを別々に考える「か」のチカラではなく、2つを一緒に考える「と」のチカラは重要です。

と、金融リテラシーというよりは日本全体を考えたお話でした。

資産形成はbackcastで考えよう

将来のことを予測するには2つの方法があります。

将来の資産形成
  1. 現在から少しずつ積み上げて、将来を予測する(For-cast)
  2. ありたい将来から、現在に向けて少しずつ遡る(Back-cast)

資産形成に向いているのは、backcastだそうです。

  • 老後の生活費はいくら必要?
  • 受給できる年金額は?
  • 逆算すると60歳までにいくら必要?
  • そのためには毎月の積立額は?

こんなふうに逆算思考で考えていかないと資産形成は失敗します

確かに、今節約できる金額しか意識しないと、格安SIM導入のような抜本的な改善には移りづらいので納得です。

スポンサーリンク

対談がめっちゃ面白かった!

対談は金融リテラシーに関する3つのトピックで、非常に面白かったです。

日本人の金融リテラシー力が低い原因は?

渋澤さん

金融では時間の軸が重要。

日本では「神様オンデマンド」な、その場限りで結果を出す傾向が強い。

海外は「日々の行いを神様が見ている」という、長期的な視点を持てているのも違いか。

雨宮さん

時間軸の感覚は確かに必要。

お金は汚いという文化を乗り越えられるくらいの「教育と経験」を提供しないといけない。

シニア層の金融リテラシーはどうすべき?

渋澤さん

人生100年は長い。95歳の新規契約者も「長期投資」目的で投資を始める時代。

高齢者の投資のイメージは「本をげる」になっている。「見えてる世界をvestにinする(invest)」イメージに変えていく必要を感じる。

雨宮さん

詐欺に遭う確率は金融リテラシーのレベルに比例する、という結果が出てる。高齢者も身につけるべき。

60歳だから遅いということはない。

若年層の金融リテラシーはどうすべき?

渋澤さん

キャッシュレス社会で「お金とポイント」の違いを理解させるのは難しくなりそう

日本の子供は何もしなくても「お小遣い」を貰えるが、私のアメリカでの幼少期はお手伝いの対価として「お礼」を貰った。労働と対価を意識させてから投資を理解すべき

雨宮さん

100年をフルに使えるので、時間軸を意識してほしい

「儲けるためのテクニック」ではなく「社会貢献や社会とのつながり」を金融教育としてやるべき。


非常にためになるセミナーでした!

印象に残った3つのこと
  • 資産形成はありたい姿からのBack-castで考えるべき
  • 長い時間軸を持った資産形成でないと失敗する
  • 人生100年時代は60歳からでも資産形成を考えないといけない時代

特に「時間軸」の話は印象的でした。

日本人はお賽銭でも投資でも、すぐに結果を求める傾向にあります。

宝くじは最たる例で、一瞬で億万長者になれるわけないんです。じっくりと長期での資産形成をすることが重要になるでしょう。

スポンサーリンク

長期投資をみすえたつみたてNISAがいくらになるのかを計算してみました。

令和の最重要キーワードは「少子高齢化」だと考えています。

2分で金融リテラシークイズに答えてみませんか?


良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

免責事項

当ブログは記録、情報提供を目的としたものであって、投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。各人の投資行動においては、ご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。

当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を保証していません。ブログサイト内の記載情報を利用することで被った損害、被害等におきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました