2.お金を知る

〇〇に投票!【投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2021】

2.お金を知る
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、金育SEのまさ(@kinikuse)です。

まさ
まさ

今年も『投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2021』に投票しました!

投票先を公開する必要はないのですが、投票先を選んだ理由をメモしておきます。

投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2021 とは

プロの視点ではなく、一般投資家の視点で、一番良い投資信託を選ぶイベントです。ブロガーの有志の方々が集計・運営しています。

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というイベントです。

投信ブロガーが選ぶ!Funds of the Year 2021

参加資格は「ブロガーであること」、投票方法は「ブログで書くこと」。

昨年に続き、今回が3回目の参加です。

eMAXIS Slim 全世界株式に投票しました

私は投票したのは昨年に引き続き「eMAXIS Slim 全世界株式」です。理由は去年と同じ。

  1. 万人にお勧めしやすいインデックスを採用していること
  2. 運用手数料が非常に低価格なこと
  3. 純資産総額が積み上がってきていること

詳しくは昨年の記事で解説しています。

番外編:アメリカのETFより良いの?

悩む人
悩む人

投資信託を買うより、
米国ETFを買ったほうがお得って本当?

最近こんな質問を受けたので、コメントしておきます。

結論から言うと、全世界投資を選択するならコスト面ではほぼ同じなので、投信のほうが便利と考えています。

全世界を買う場合のコスト比較(投信vsETF)

SBI証券を利用したケースで、コスト面から比較してみます。

ETFの購入時は、事前に日本円→米ドルへ換金した方が安く付くので、その為替手数料も加味して計算してみます。

観点投信 (Slim 全世界)ETF (VT)
信託報酬11bp8bp
売買手数料00
為替手数料02bp

ほぼ変わりませんね。

S&P500を買う場合のコスト比較(投信vsETF)

ただ、S&P500への投資となると、ETFの方が有利なようです。

観点投信 (Siim 米株)ETF (VT)
信託報酬9.6bp3bp
売買手数料00
為替手数料02bp

現在は各国から全世界の株を買えるようになっていますが、現地で運用するのが最もコストが低いです。日本の運用会社が必要な「eMaxis Slim 米国株式」よりも、アメリカ現地で運用している「VT」の方が低コストになります。

なお、昨年のFOY2020の記事でも取り上げましたが、私は米国株集中投資は避けてるので、この点は全く関係ないです。


毎年この記事を書く頃になると、年の瀬を感じますね。12月はきっと一瞬で通り過ぎるはずなので。笑

結果発表は年明けです。楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

良い機会なので、私と一緒にお金の勉強を始めませんか。

まったり更新していくので、Twitter(@kinikuse)やFeedly, RSSに登録くださると幸いです。

まさ

タイトルとURLをコピーしました